暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

芦屋サマーカーニバル2016の観覧席や穴場スポットとアクセス方法

   

ashiya-summer

芦屋サマーカーニバル2016は、芦屋市民にとって夏の一大イベントで音楽と花火の融合が最大のみどころのおまつりです。

地元では「芦屋花火大会」と呼ばれたり、若者の間では「サマカ」の愛称で親しまれています。

毎年芦屋を熱く盛り上げているこのおまつり、2016年の今年は38回目を迎えます。

イベントへ向かうためのアクセス方法や、充実した観覧席のほかにも穴場スポットもご紹介していきます!
出典http://blog.baycrews.co.jp/bcstock/?p=11525

スポンサーリンク

芦屋サマーカーニバル2016日程とみどころ

出典youtube
芦屋サマーカーニバル2016は「NPO法人 芦屋市民まつり協議会」を中心に、サマーカーニバル実行委員会が主催となって行われています。

この団体は「芦屋の街の活性化」を考え、芦屋市民の有志の方々で作られています。

日程

・2016年7月23日(土)
・カーニバル開催時間・・・13:00~21:00
・花火打ち上げ・・・19:50~20:30

40分間に6000発の花火が間髪なく打ち上がり、とても迫力があります!

昨年の来場者数は約9万7800人。今年もたくさんの人が訪れると見込まれます。

みどころ

花火と音楽のコラボ

おまつりのフィナーレを飾る花火。世界一を誇る花火アーティストによる最先端システムを駆使した音楽とのコラボショーは最大のみどころです!

恒例の「プロポーズ花火」や「メッセージ花火」といった思いが込められた花火も人気です。

ステージイベント

公募によって集まった市民によるパフォーマンスショーが繰り広げられます。

ダンスやチアリーディングや演奏といった、日頃から頑張ってきた成果をステージで披露します。

プロの音楽ライブステージも必見。

サマーカーニバルが始まる昼間から行って、まずは市民ステージを見ながら約150店舗出るという露店を回るのも楽しそうです。

そして夜になったら海の風を感じつつ、6000発の花火を堪能してくださいね。

芦屋サマーカーニバル2016アクセス

電車旅行する家族

・開催場所・・・芦屋市総合公園 潮芦屋ビーチ
・最寄り駅・・・JR「芦屋駅」・阪急「芦屋川駅」・阪神電鉄「芦屋駅」

① 駅から徒歩・・・約30分
② 阪急バス乗車・・・「芦屋市総合公園前」下車
※ただし、18:00以降のバスの運行はありません。

会場まで徒歩で向かう人がほとんどです。

たくさんの人出ですから、お子さん連れの方は迷子にならないように気を付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク

芦屋サマーカーニバル2016観覧席

花火鑑賞する家族

前売りチケット販売はローソンチケットおよび芦屋サマーカーニバル実行委員会へお申し込みください。

購入やその他に関してのお問い合わせは、NPO法人芦屋市民まつり協議会事務局 TEL:0797-35-0871 FAX:0797-35-0874 まで。

有料観覧席

① 砂浜席:1000円(小学生以下無料)14:30~開場

イス、テーブル、クッションシート等なし(シート持参)

 一般観覧席:前売り2500円・当日券3000円 14:30~開場

クッションシート付き
保護者同伴の場合、小学生以下は無料(ただしクッションなし)

③ 特別観覧席 S席:前売りのみ10000円  17:30~開場

イス、テーブル席
弁当+フリードリンク付き

④ 特別観覧席 A席:前売りのみ6000円 17:30~開場

イス、テーブル席
フリードリンク付き

⑤ カップル観覧席:前売りのみ(2人で)21000円 17:30~開場

イス、テーブル席
カップル用弁当+フリードリンク

⑥ 焼肉観覧席:前売りのみ11000円 17:30~開場

イス、テーブル席
焼肉セット+フリードリンク
※③~⑤のフリードリンクブースとは別

⑦ グループ観覧席:前売りのみ(6人で)20000円 17:30~開場

イス、テーブル席(6人1組)

⑧ 小学生以下で座席イスのみ: 500円

食事、ドリンクが必要な場合は大人と同額

⑨ 障がい者観覧席:(障がい者1人+介添え人1人、計2人で)1000円

イス、テーブルは基本的にはなし(必要な場合イスは準備可)
事務局へ直接申込み(障がい者手帳の写し、要FAX)
※当日販売(同額)あり・満席になり次第終了・障がい者手帳提示
※安全のため専用エリアにての観覧

有料観覧席がおすすめのワケ

6000発の花火と音楽のコラボという演出の迫力を体感できるのは、打ち上げ場所からいちばん近いビーチ周辺です。

そのビーチ周辺が有料観覧席となっているのです。ファミリーで楽しめることも間違いないですし、大切な人と少し贅沢な時間を過ごすのもいい思い出になりますよ。

花火を見られる穴場スポット

芦屋市総合公園

出典http://football-square.com/ground/717/

ここでは無料で花火を楽しみたいという方へ、おすすめ穴場スポットをご紹介します。

ゆったりのんびりするなら・・・

芦屋市総合運動公園

広い芝生の場所を花火観覧用に開放してくれています。

サンシャインワーフ神戸

こちらは花火会場から離れてしまいますが、海の向こうに見える花火もなかなかきれいです。

車で行けるので便利ですよ。

夜景を見ながら

六甲山頂ガーデンテラス展望台

100万ドルの神戸の夜景と花火の両方を楽しめる、カップルには超おすすめスポット。

芦屋サマーカーニバル2016駐車場と交通規制

軽自動車

芦屋サマーカーニバル会場周辺には駐車場はありません。公共機関をご利用くださいね。

会場付近の潮風大橋から芦屋公園南交差点の道路は「歩行者専用道路」となります。

18時~24時は交通規制時間帯になります。そのため阪急バスの運行は18時以降ストップしますのでご注意ください。

まとめ

芦屋サマーカーニバルのご紹介とともに、芦屋の街と人々の芦屋に対する熱い思いに触れてみました。

人口10万人以下の小さな街ですが、みどころ楽しむところは満載です。

芦屋サマーカーニバルへ今年の夏はあなたも来てみませんか?

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■イベント, お祭り, 花火大会