花フェスタ記念公園2017のバラまつり春秋の見頃は?割引はある?

hanafesta-2

岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園には7千品種3万株ものバラが植えられており、毎年見頃時期にはバラまつりが開催されています。

2017年春のバラまつりは5月13日(土)~6月18日(日)まで開催され、毎年人気のバラまつりオリジナル弁当も現在予約受付中ですよ。

花フェスタ記念公園内を幻想的にライトアップする「ナイトローズガーデン」も見どころのひとつで、2017年の今年ももちろん開催されます。

バラを鑑賞するだけではなく、コンサートやヨガ体験、華ずし作り体験などみどころが満載の花フェスタ記念公園バラ祭り2017に家族・友人と出かけてみませんか?

そんな花フェスタ記念公園の2017年バラの見頃や入園料にくわえ、お得な割引の情報も紹介していきます。
出典http://garden-vision.net/garden_visit/visit_hanafesta.html

スポンサーリンク

花フェスタ記念公園2017年バラの見頃

バラのアーチ

出典http://blog.livedoor.jp/randybox/archives/51674752.html

例年の見頃

花フェスタ記念公園のバラの見頃は、春は5月下旬~6月上旬・秋は10月下旬~11月上旬です。

2017年春の見頃

2017年春は例年通り5月の下旬頃からが見頃の予想です。

花フェスタ記念公園2017年バラまつり日程

花フェスタ記念公園バラ

出典http://photorider.blog53.fc2.com/blog-entry-325.html

春のバラまつり2017

日程

2017年5月13日(土)~6月18日(日)

時間

平日:9:00~17:00
土日祝:8:00~18:00
・最終入園は閉園30分前
・バラまつり期間中無休

入園料

大人:1000円
高校生以下:無料
年間パスポート:2060円(購入日より一年間有効)

スポンサーリンク

花フェスタ記念公園2017年バラまつりの見どころ

バラのかまくら

出典http://tabiiro.jp/leisure/s/200372-kani-hana-festa/

ナイトローズガーデン2017

花フェスタ記念公園内のバラをより美しく演出し、昼間とは一味違うバラを楽しむことができるイベントです。

花フェスタ記念公園のバラ園は広大なためテーマ毎にバラが植えられていますが、ナイトローズガーデン2017では7つのスポットで夜のバラを楽しむことができます。

一例として、モロッコロイヤルローズガーデンではランタンを使ってバラの鑑賞、バラのテーマガーデンではガーデン全体をライトアップ演出する予定です。

茶室「織部庵」では、バラの花飾りと日本庭園ライトアップが予定されており、普段夜は解放されていない茶室を体験できるのもナイトローズガーデン2017ならではですね。

日程

5月13日(土)20日(土)27日(土)
6月3日(土)10日(土)
・夜20:30まで延長営業

花フェスタ記念公園入園料について

料金

春・秋のバラまつり期間には1000円(高校生以下は無料)になりますが、それ以外の時期は520円(高校生以下は無料)です。

例年春のバラまつり期間中には、有料入園者に園内で使える500円クーポン券が配布されていますので実質は変わりないということになります。

バラまつり期間はおいしい食べ物やお土産を買って楽しみましょう。

割引について

ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップ、チケットぴあなどの前売り券を購入すると5%引きでお得になります。

花フェスタ記念公園へのアクセス方法と駐車場情報

バスの運転手

住所:
〒509-0213岐阜県可児市瀬田1584-1

電車でのアクセス

JR可児駅か名鉄新可児駅が最寄り駅となっています。

最寄り駅からは バスかタクシーで10分ほどとなっていますが、月~土曜日には可児市のコミュニティバス「さつきバス」が走っていますので利用するとよいでしょう。

車でのアクセス

可児御嵩ICから「柿田」の信号を左折すると西駐車場が、「古屋敷」の信号を右折すると東駐車場がみえてきます。

駐車場

花フェスタ記念公園は西駐車場が1000台、東駐車場が700台駐車することができます。

利用料金は無料となっていますが、イベント期間中は混みやすくなっているのでご注意ください。

周辺の観光地情報

蘭丸ふる里の森桜

出典http://hakudakuyu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-23

可児市にある花フェスタ記念公園以外にも、周辺のおすすめの観光地を紹介しましょう。ぜひ訪れてみてください!

まずは古城山に広がる「蘭丸ふる里の森」です。この「蘭丸」とは、織田信長に仕えた有名な小姓、森蘭丸のことです。

山頂には、かつての森氏の居城であり、2013年には国の史跡に指定された「美濃金山城」の跡があります。

ここはとても自然豊かな場所で、春から初夏にかけては桜ややアジサイなどの花々を楽しむことができ、秋の紅葉もとても美しい場所です。

大型のアスレチック遊具もあるので、子どもたちも大いに楽しむことができます。

また「可児やすらぎの森」もおすすめです。

ここには中部地方で最大のローラー滑り台が設置されています。滑り台のローラーと臀部との摩擦を防ぐためのビート板の貸し出しも行われています。

ほかに芝生広場、バーベキュー広場、コンビ遊具などあります。いろいろな季節の植物を見ながらのウォーキングも人気です。

まとめ

世界最大級と言われるバラ園のある可児市の花フェスタ記念公園のバラの見頃や見どころなどを紹介してきました。

あなたもこの春そして秋に、ぜひ一度家族や恋人と訪れてみてください。

心に残る美しいバラに出会えること間違いなしです!

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする