姫路みなと祭海上花火大会2017日程と穴場や駐車場情報

himeji-festival

毎年7月下旬に行われる「姫路みなと祭海上花火大会」は、姫路港のPRと活性化を目的とした夏のビッグイベント。

2017年の今年も7月に開催を控え、昨年は6万5千人の来場者でにぎわいました。

巡視船と消防艇の放水や海上パレード、フィナーレの花火はメロディースターマインで、音楽と花火の素晴らしいコラボを楽しむことができます。

姫路みなと祭海上花火大会の打ち上げ場所は、観覧場所から300mという近距離なので迫力満点です!

趣向をこらした花火の数々が夜の海と空を美しく染める光景に、あなたもきっと魅了されることでしょう。

今回は姫路みなと祭2017海上花火大会日程とアクセス方法・駐車場、穴場スポットや屋台についての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

姫路みなと祭2017の日程やみどころ

海上花火

日時と場所

・開催日
2017年7月29日(土)

・開催時間
19:30~20:45

・開催場所
姫路港(飾磨地区)

みどころ

姫路みなと祭海上花火大会2017では、13種類の花火打ち上げプログラムが予定されています。

水上スターマインや早打ち、仕掛け花火など例年同様に盛りだくさんの内容です。

姫路みなと祭海上花火大会2017の詳細は随時姫路市ホームページで公開されています。
http://www.city.himeji.lg.jp/s60/2212506/_10016/_10017.html

姫路みなと祭2017会場までのアクセス方法

線路

電車→臨時バス

JR姫路駅で山陽電鉄にのりかえて飾磨駅下車し、無料臨時バスに乗車します。
(往路:17時~19時までピストン運行 復路:花火終了後ピストン運行)

臨時バスはシャトルタイプなのでゆったりしています。会場まで行くのにラクなのでぜひ利用してくださいね。

電車→徒歩

飾磨駅から南へ約2.5km(約25分)です。

スポンサーリンク

花火が見える穴場スポット

花火を見るカップル

地元の人情報

中島埠頭からの観覧

姫路みなと祭のメイン観覧場所である須加埠頭の向かい側の埠頭。

飾磨臨海大橋からの観覧

歩行者用の道につながる階段付近。車両は通行禁止なので注意。

近隣の建物からの観覧

イトーヨーカドー広畑店

例年、屋上駐車場を開放してくれている。最寄り駅は山陽電鉄「広畑駅」になるので注意。

イオンモール姫路リバーシティー

ここの立体駐車場の屋上からの観覧。

建物からの観覧は会場から離れているため、花火の迫力は減ってしまいます。建物施設までは車で行けますが、混雑も予想されますのでご注意くださいね。

駐車場と交通規制について

交通規制する男性

2017年の交通規制情報は現在未発表です。

会場周辺は全面駐車禁止となっています。

・陸上:17時(一部16時)~22時 ※ただし駐車禁止区域は終日
・海上:18時20分~21時

姫路みなと祭の屋台について

お祭り屋台

おまつりの楽しみのひとつが屋台ですよね。

姫路みなと祭でも屋台の美味しい食べ物や飲み物を準備して花火を見るというのが定番です。

かつては観覧場所のまわりにもたくさんの屋台が出ていましたが、今は場所が縮小され、姫路港旅客船ターミナル南側野積場が出店場所となっている様子です。

屋台を求めて人の流れが一定方向に続くので、観覧者で混み合う前に早めに会場に行くのがおすすめです。

屋台をゆっくり見て目当ての食べ物をゲットしつつ花火も食欲も満喫してくださいね!

まとめ

過去には、「関西の行ってみたい花火大会ランキング」の5位に選ばれている姫路みなと祭海上花火大会。

今年の夏の花火大会はどこへ行こうかと悩んでいるなら、ぜひ行ってみてくださいね!

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする