愛知定光寺ほたるの里2017のホタル観賞の時期と時間は?

jyokoji-hotaru

愛知県瀬戸市にある定光寺ほたるの里は、市民ボランティアの手により作られたホタル鑑賞スポットです。

例年ホタルの見頃時期をむかえる6月中旬には一週間程の日程でホタル観賞を楽しむことができます。

残念ながら2016年は一般開放はありませんでしたが、2017年はどうなのでしょうか?

また、ホタルはいつでも見られるわけではなく天候条件や時間にもよりますので注意が必要です。

今回は愛知定光寺ほたるの里2017年ホタルの見頃時期や日程、時間についてまとめました。

スポンサーリンク

愛知定光寺ほたるの里2017年見頃・時間

満月

愛知定光寺ほたるの里2017年見頃

定光寺ほたるの里では、例年5月下旬~6月下旬ごろにかけてホタルの見頃時期となります。

2017年の見頃時期同様の予想です。

ホタルの見頃時間

ホタルは、19時30分頃から活動を始めて20時頃に活動のピークを迎えます。

深夜帯にも活動しますが、一番輝くホタルを見たい場合には20時台の時間帯を狙うのがおすすめですよ。

愛知定光寺ほたるの里2017年日程

ほたる

定光寺ほたるの里2017年一般開放日程

愛知定光寺ほたるの里では、例年6月中旬に年会費を払った会員に開放し、その後に一週間だけ一般開放されていました。

しかし残念ながら2016年は一般公開はされませんでした。

2017年の一般開放詳細は現在未発表です。

一般開放日程

2017年の一般開放詳細は現在未発表です。

一般開放時間

2017年の一般開放詳細は現在未発表です。

スポンサーリンク

愛知定光寺ほたるの里みどころ

ほたる

定光寺ほたるの里みどころ

定光寺ほたるの里のホタルの見所は、なんといっても豊かな自然に包まれた定光寺自然休養林の中で観賞出来る点です。

地元の人たちによる協力と努力で新しく棚田が造成され、バリアフリー化もされています。

自然の姿を活かしつつ整えられた環境でホタルを満喫できることも魅力のひとつです。

ホタルのほのかな光を邪魔しないことや足元を照らすための工夫として、くりぬかれた竹にロウソクがともされています。

自然に溶け込んだ演出と観賞に対する配慮も素敵ですね。

敷地内では懐中電灯の使用禁止、飲食・喫煙禁止ですのでルールとマナーを守って、幻想的な空間を楽しんでくださいね。

会員について

定光寺ほたるの里では1家族年間2000円の会費で会員を募って運営しています。

会員になると、ホタルの優先観賞が出来ることや棚田の管理、里山体験学習、炭焼き・陶芸品焼き等の行事や運営に参加出来る楽しさがあります。

愛知定光寺ほたるの里へのアクセス方法と駐車場情報

電車

住所:
愛知県瀬戸市川平町79

電車でのアクセス方法

JR中央本線定光寺駅から徒歩約30分、JR中央本線高蔵寺駅からタクシーで約20分です。

車でのアクセス方法

東名春日井ICから国道155号、県道15号経由、定光寺交差点を右折で約10分、もしくは東海環状自動車道瀬戸北ICから定光寺方面へ約25分です。

駐車場について

定光寺公園には160台分の無料駐車場があります。

周辺の観光地情報

愛知県森林公園

愛知県森林公園には広大な芝生の広場と美しい池があり、駆け回ったりボートを漕いだりと自然の中で目いっぱい遊べるのでお子さん連れにはピッタリのスポットです。

公園は無料で利用できますが、敷地内に有料の植物園があり、全国森林浴100選として名高い森林の散策ができます。

また、運動施設では乗馬教室も開催されているので、馬に乗ってみたい方におすすめですよ。

瀬戸市美術館

もしデートで観光するなら、瀬戸市の歴史や文化に触れることができる瀬戸市美術館を訪れましょう。

瀬戸市にゆかりの深い作家さんの絵画や彫刻が展示や、期間限定の企画展なども開催されています。

美術館に隣接されている文化交流館内にあるカフェでは、美味しいランチとスイーツを楽しめます。

美術鑑賞後の休憩に行ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

地元民による「愛知定光寺ほたるの里」は、ホタルと自然に対しての愛を感じられます。

都会ではなかなか体験できなくなってきたホタル観賞をしに、あなたもぜひ訪れてみてくださいね。

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする