暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

葛西納涼花火大会2016日程と有料席や場所取り穴場スポットは?

      2016/07/14

kasai葛西納涼花火大会は、東京で一番早い開催日程で知られ2016年で第50回目の開催を迎えます。

葛西納涼花火大会2016は昨年よりも花火の打ち上げ数が増え時間も延長されるため、いつもにまして混雑必至は間違いないでしょう。

有料席は全席指定ですので場所取りの心配もなくゆっくり確実に楽しめるのでおすすめですよ。

静かな場所でゆっくり楽しみたい方は穴場スポットで楽しみましょう!

今回は、葛西納涼花火大会2016の日程、有料席や場所取り穴場スポットについてご紹介します。
出典http://katsushikafw.jugem.jp/

スポンサーリンク

葛西納涼花火大会2016日程

出典youtube

葛西納涼花火大会2016日程

日程

2016年7月26日(火)19:20~20:30

打ち上げ場所

江戸川の河川敷にある葛飾区柴又野球場

葛飾区柴又野球場までは、京成電鉄柴又駅から徒歩10分、北総鉄道新柴又駅から徒歩15分、JRまたは京成電鉄金町駅から徒歩20分です。

残念ながら駐車場はありませんので、公共交通機関で見に行くようにしましょう。

 

葛西納涼花火大会2016有料席チケット詳細

葛西納涼花火大会では毎年、花火の打ち上げ場所に面した有料指定席が販売されます。

今年は有料席の種類も増えました。特等席で花火の迫力をゆっくりと味わえるチャンスですね。

2016年5月21日から販売開始され、残念ながらすでに完売となっています。

2人マス席

ビニールシートが敷かれた、カップル向けのマス席です。
1マス2名まで入場可で7,000円。540マスの用意があります。

4人マス席

ファミリー向けの4人マス席は、同じくビニールシート敷きで1マス10,000円です。
1マス4人まで入場可で、600マスまで用意されています。

ベンチ席

背もたれがない縁台の席が128台用意されています。
1台につき4人まで入場でき、1台10,000円です。

グループ用6人マス席

今年から新設された、グループ向けのビニールシート敷きの有料席です。
1マス12,000円で、6人まで入場できます。140マス用意されています。

スポンサーリンク

花火が見える場所取り穴場スポット

花火鑑賞する家族

葛西納涼花火大会2016は河川敷で花火があがりますので、周りに高い建物がなければどこからでも良く見えるのがその最大の特徴です。

ですが、少しでもよい景色を楽しみたいという方のために、あまり混雑しないスポットをご紹介しましょう。

新葛西橋

江戸川にかかる、国道6号の橋です。

少し打ち上げ場所から遠いかもしれませんが、花火をさえぎるものがないので本当にきれいに見えます。

江戸川河川敷

同じ江戸川の河川敷ですから、川の反対側の松戸市側からでも同じ花火がみられます。

ところが、なぜか毎年松戸市側は空いていて、場所取りも必要なく、仮設トイレも準備されています。

歩いて川を渡る場所が近くにないため、始めから松戸市側で見ると決めて、電車(北総線)で対岸に渡ると良いでしょう。

まとめ

いろんな場所でたくさんの花火大会が開催されます。それぞれ趣向を凝らし、来場者を楽しませる工夫がたくさんあります。

ぜひ、今年はたくさんの花火大会に参加して、お気に入りの大会を見つけてみてくださいね。

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■イベント, 花火大会