仙台七夕花火祭2017日程と有料観覧席や花火が見える穴場スポット

sendai

仙台七夕花火祭2017は、8月に行われる「仙台七夕まつり」の前日の日程で開催されます。

仙台七夕花火祭は交通規制が入り、打ち上げ数1万6000発・人出も約50万人と、大都市の中心部で行われる花火大会としてはかなり大規模になります。

街のどの方向からも花火が見えるというのも特徴のひとつで、その分穴場スポットもたくさんあるのが魅力です。

有料観覧席で大迫力の花火を楽しむか、穴場スポットでゆっくりたのしむか、今年はどちらにしましょうか?

今回は、仙台七夕花火祭2017の日程や花火が見える穴場スポットなどをご紹介します。

スポンサーリンク

仙台七夕花火祭2017日程

花火

日時

2017年8月5日(土)19:00~20:30
※荒天の場合は9日(水)に順延

場所

仙台西公園周辺

仙台七夕花火祭2017有料観覧席と無料観覧エリア

花火鑑賞する家族

仙台花火祭2017の有料観覧席は5か所に設けられます。

小学生以上から有料となり、ひざの上で観覧させる小さなお子様は無料になります。

仙台七夕花火祭2017有料観覧席

有料観覧席種類

◎青葉山交流広場
・テーブル席(4人)20000円
・テーブル席(2人)10000円
◎大手町
・テーブル席(2人)11000円
◎大町西公園
・マス席(4人)24000円
◎仲の瀬橋
・マス席(4人)12000円
◎仲の瀬グラウンド
・イス席(1人)2000円

有料観覧席おもな購入方法

・セブンイレブン
・サークルKサンクス
・ローソン
・ファミリーマート
・イープラス

仙台七夕花火祭2017無料観覧エリア

・仙台二高グランド
・追廻臨時駐車場

スポンサーリンク

花火が見える穴場スポット

花火を見るカップル

仙台七夕花火祭2017は、街なかで行われるだけあって穴場スポットはあちこちにあります。

建物の利用者や関係者以外は立ち入り禁止のところに入らないように、きちんとマナーを守って楽しんでください。

広瀬通・西公園通

当日は交通規制が敷かれ、歩行者天国になります。

道路にシートを敷いて座って花火が眺められます。

人気スポットなので早めの場所取りしておきましょう。

宮城県庁展望ホール

市内のビル群を見渡せる、県庁の18階にあるホール。

高層階からひと味違った花火を見ることができます。

青葉山公園

敷地内の仙台城跡は夜景の人気スポットでもあり、夜景と花火が一緒に楽しめます。

駐車場も広く、トイレも利用できます。

混雑はしませんが、カップルが多いようです。

東北大学川内キャンパス

旧青葉城内のキャンパスで、地元の人にも人気の穴場スポット。

あまり混雑しないので、のんびりゆったり花火が眺められます。

仙台市野草園

会場からは離れていますが、近くの小高い丘から花火が見えます。

無料駐車場が利用できるのも便利。

まとめ

仙台七夕花火祭は2017で48回目の開催となります。

この先も長く楽しめるように、協賛をしたり、トラブルが起きないようマナーを守って楽しみましょう!

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする