川中島の合戦再現!山梨・川中島合戦戦国絵巻2017の場所とイベント詳細

Battles of Kawanakajima
あなたは、山梨で行われる川中島合戦絵巻についてご存知ですか?

川中島合戦絵巻は、毎年4月に山梨県笛吹市で行われる桃の花祭りの最終日に行われるイベントです。

2017年ももちろん開催!

このイベントでは、火縄銃の実演や総勢900人の合戦が繰り広げられ、当時さながらの雰囲気で川中島の戦いが表現されます。

また、一般からの参加も募られているのでなんとあなたにも戦に参戦するチャンスがあります。

今回はそんな川中島合戦絵巻2017についてご紹介します。
出典:http://www.isawa-kankou.org/season/spring/

スポンサーリンク

川中島合戦絵巻って?


川中島合戦絵巻は、全5回あった武田軍と上杉軍の合戦のうち、最も激しい戦いとされている1561年の第4回川中島合戦を再現するイベントです。

このイベントでは、一般参加者ら約900人が実際に鎧を身につけ当時の戦いを再現します。女性が参加者の4割を占めているのも川中島合戦絵巻の特徴の1つです。

また外国人の参加者も多く、2014年は外国人の参加者が60人を超えたようです。

性別や国境を超えて楽しまれているのも、川中島合戦絵巻の特徴であるといえます。

このイベントは1979年から毎年行われてきましたが、2011年のみ東日本大震災の影響を受けて中止となりました。しかし翌年の2012年からは通常通り開催されています。
出典:youtube

川中島合戦絵巻2017の見どころは?

一騎打ち

出典:http://japankankou.jp/yamanashi/055-262-4111.html

川中島合戦絵巻の見どころといえばなんといっても両軍が激突し、上杉謙信と武田信玄が一騎打ちになるシーンでしょう。

流れとしては、まず最初に両軍の兵が集まり、決戦場へと向かいます。

その後、お客さんへの挨拶があり両軍は各陣地へ分かれます。そして、両軍の出陣式が行われ決戦が始まります。

これは当時さながらの戦法を忠実に再現して戦うので臨場感満点です。

戦いも終盤になると、かの有名な上杉謙信と武田信玄の一騎打ちが行われます。

事前に川中島合戦について勉強しておくと、尚一層イベントを楽しむことができます。

スポンサーリンク

2017年の川中島合戦絵巻の詳しい情報は?

2017年の川中島合戦絵巻は、4月16日(日)に開催、雨天決行となっています。

観覧料は無料です。

専用駐車場は笛吹市石和スコレーセンター及び笛吹市石和清流公園となりますのでご確認ください。

2017年のタイムスケジュールは下記のように発表されています。(3月27日時点)

10:45~ 河川内イベント
13:30~ 川中島合戦戦国絵巻 入陣予定

詳細、後日発表
出典:http://www.fuefuki-kanko.jp/content/kawanakajima2015/

一般参加で戦に参戦!

このイベントは一般からの参加も募っています。参加条件は、合戦に参加可能で健康な高校生以上の方とあります。

残念ながら今年は既に募集が終了していますが、興味のあるかたは来年以降申し込まれてはいかがでしょうか?

武田信玄や上杉謙信に扮することもできますよ!

ただし、一般参加者にもルールがありシナリオに沿って動かなければならないそうです。

また、今年はふるさと納税者優先やインターネット限定申し込みなど例年にくらべ変更点があるため来年度も多少変更があるかもしれませんね。

さらに、来年度からは開催日が10月下旬となるため参加希望のかたは来年初夏頃に公式HPを確認することをおすすめします。

まとめ

今回は、川中島合戦絵巻についてご紹介しましたがいかがでしたか?こうした大規模の戦を再現するイベントも珍しいのではないでしょうか。

また、男女問わず外国人の方も多く訪れるイベントですのでどんな方でも楽しめる内容となっています。

歴史は頭でイメージ出来るか出来ないかによって興味関心の差がでてくるので、子供さんの歴史の勉強がてら観てみるのも良いですね。

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする