伊勢神宮奉納全国花火大会2017日程と観覧席の取り方や駐車場は?

isejinguu-fireworks

伊勢神宮奉納全国花火大会2017の観覧席販売が2017年5月20日よりはじまりました。

毎年7月第3土曜日の日程で開催される伊勢神宮奉納全国花火大会は、三重県伊勢市の宮川で行われるので「宮川の花火大会」とも呼ばれています。

毎年臨時駐車場を多く設けていますが、県道37号線を中心に大変な渋滞になるので公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

今回は、伊勢神宮奉納花火大会2017の日程と見どころ、観覧席の取り方などについてまとめました。

スポンサーリンク

伊勢神宮奉納全国花火大会2017日程

スターマイン

伊勢神宮奉納全国花火大会2017日程

日程

2017年7月15日(土)
19:20~21:00
・荒天時は9月9日(土)/10日(日)に延期

場所

三重県伊勢市宮川河畔(度会橋上流)

伊勢神宮奉納全国花火大会2017見どころ

スターマイン

伊勢神宮奉納全国花火大会は日本三大競技花火大会の一つです。

全国から集まった花火師たちが、腕によりをかけて作った花火を打ち上げ、その優劣を競い合う様を見ることができます。

競技部門は「打ち上げ花火の部」・「スターマインの部」の二部構成です。

単発で打ちあがる打ち上げ花火・連射されるスターマイン、それぞれ趣が違う競技になるでしょう。

また伊勢神宮奉納全国花火大会は今年全国各地で行われる花火大会の安全を祈願する花火大会です。

奉納花火にふさわしく、オープニングの花火は荘厳な音楽とともに始まります。

オープニングの音楽演出も必見ですよ!

スポンサーリンク

伊勢神宮奉納全国花火大会2017観覧席の種類とチケット購入方法

スターマイン

伊勢神宮奉納全国花火大会2017には有料観覧席と無料観覧席があります。

無料観覧席は席取り競争が激しく、少し草深いところにあり虫が多いので、苦手な人は有料観覧席を購入しましょう。

伊勢神宮奉納全国花火大会2017有料観覧席の種類

A席(右岸・個人自由席)
2,000円/1人

B席(右岸・6人用指定席)
15,000円/1マス(6人用、縦2m×横2.7m)

C席(左岸・6人用指定席)
15,000円/1マス(6人用、縦2m×横2.7m)

E席(左岸・4人用指定席)
10,000円/1マス(4人用、縦2m×横1.8m)

P席(右岸・2人用指定席)
8,000円/1マス(2人用、縦1m×横2m)

G席(左岸・個人自由席)
2,000円/1人
出典http://www.city.ise.mie.jp/6950.htm

チケット購入方法

発売日

2017年5月20日(土)

販売場所

・サークルKサンクス/ローソン/ミニストップ/ファミリーマート/セブンイレブン
・チケットぴあ
・中日新聞販売所

伊勢市役所観光振興課窓口での販売

2017年5月22日(月)~

伊勢神宮奉納全国花火大会2017の駐車場

車のおもちゃ

伊勢神宮奉納全国花火大会2017の駐車場

2017年の駐車場情報は現在準備中です

伊勢神宮奉納全国花火大会2017の会場となる宮川下流畔周辺には1200台近い有料駐車場が設置されます。

15:00開場、駐車料金は1回1,000円です。

午後15時頃より、周辺道路は大変混雑し花火大会の開園に間に合わなくなる恐れもあるため公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

河川敷臨時駐車場

・約450台
・伊勢市小俣町元町1648-10(南部自動車学校近辺)

 城田中学校グラウンド

・約230台
・伊勢市粟野町777

 早修小学校グラウンド

・約160台
・伊勢市常磐3-8-9(市民武道館近辺)

中島小学校グラウンド

・約160台
・伊勢市二俣1-2-17

太平洋セメント駐車場

・約100台
・伊勢市小俣町宮前1

宮前公園駐車場

・約50台
・伊勢市小俣町宮前432

宮川橋西駐車場

・約60台
・伊勢市小俣町宮前23-1

伊勢神宮奉納全国花火大会2017アクセス方法

高速道路

住所:
三重県伊勢市中島2丁目付近

車の場合

伊勢道伊勢西ICから県道32号経由で外宮方面に車で15分

電車の場合

・JR参宮線 山田上口駅徒歩15分
・近鉄山田線 宮町駅徒歩20分

シャトルバス

JR参宮線・近鉄山田線 伊勢市駅/近鉄山田線 宇治山田駅より運行
・17:00~19:30
・大人200円/子ども100円
詳細はこちらをご確認下さいhttp://www.city.ise.mie.jp/13315.htm

まとめ

伊勢神宮奉納全国花火大会は競技大会としての側面が強く、全国から集まった腕に覚えのある花火師たちが競い合う花火大会になります。

当日は花火師たちの技術の粋を極めた花火に酔いしれましょう。

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする