暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

関門海峡花火大会2016日程や打ち上げ場所と花火が見えるホテルは?

      2016/08/07

kaikyouhanabi今年もやってきました、花火大会の季節!

今回は、その中でも西日本では動員数もかなり多く、毎年話題になる関門海峡花火大会2016についてご紹介いたしましょう。

関門海峡、と聞くだけでスケールが大きい気がしませんか。

そう、海峡を挟んで花火大会が開催されるので、迫力も見どころもたくさんあります。

それゆえ人出も大変に多いので、事前にプランを立てておくと、大混雑の中でも少しは気持ちに余裕をもって行動できると思いますよ。
出典http://hanabi.moji-retro.com/

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2016の見どころ

出典youtube
「関門海峡」というだけあって、山口県と福岡県の両側から見られる花火大会としてとても有名です。

両側で毎年100万人を超える観客を動員し、約15,000発の花火が上がります。

打ち上げ数では西日本では最大級、観客動員数も全国2位に匹敵する、とてもスケールの大きい花火大会と言えるでしょう。

下関側と門司側では同じ関門海峡花火大会という名称でも、趣が少し違いますよね。

好みもあると思いますので、研究して行かれると良いですよ。

関門海峡花火大会2016の日程と打ち上げ場所


出典youtube
関門海峡花火大会2016は、毎年曜日に関係なく8月13日に開催されることが決まっています。

雨天決行ですが、荒天の場合は残念ながら中止になります。

関門海峡花火大会2016は8月13日、19:50~20:40までで、花火は2か所から上がります。

山口県側と福岡県側です。

山口県側

下関市唐戸あるかぽーと地区と22号岸壁周辺(JR下関駅から徒歩15分程度)

福岡県側

北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2016の有料席情報

場所取りが面倒、人数が多くて大変、という方々には、毎年有料席が用意されています。

門司側と下関側でそれぞれ異なりますので、行く場所と目的に合わせて選びましょう。

下関側

一人500円(小学生以上)で後方、1,000円で前方の席が用意されます。

チャリティエリアに入場することができます。

また、スポンサーエリアとして一人5,000円の席も用意されています。
http://www.shimonoseki21c.jp/

門司側

環境整備協力席

大人1人につき1,000円を協賛金として支払います。大人同伴の場合、子どもは無料です。

敷物等を持参しなければなりませんが、鑑賞エリアが確保されているので朝からの場所取りからは解放されるのではないでしょうか。

ただし、エリア内での場所取りは必須で、当日発売のみで数に限りがあります。

ペア席

6月1日からセブンイレブンで購入できるチケットです。

7月21日までに購入すると早期割引で6,000円、21日以降は7,000円で、ペア椅子席(二人用)に座ることができます。

指定席ではありませんが、席は必ず用意されているので安心ですね。

特別協賛金

2種類あり、最前列のS席は一口15,000円、その後ろの席は12,000円です。

畳2畳分の桟敷席が用意され、最大5人まで座ることができます(6歳以下の幼児はカウントされません)。

協賛金受付サイトhttp://hanabi.moji-retro.com/shop/から購入できますが、協賛金という性質上、花火大会が中止だった場合は返金がありません。

この席にはこの席には専用トイレが用意され、花火と音楽をシンクロさせた音楽花火が楽しめます。

また、船の上の花火師の姿も間近に見ることができます。

迫力あふれる花火を見たい方はぜひ、おススメの席になります。

協賛金

特別協賛金ほどお金は出せないけど、席は欲しい・・・という方には、一口5,000円で椅子席1席が用意される協賛金というのがおすすめです。

これらの有料席では、花火と音楽をシンクロさせた本格的な音楽花火が楽しめます。

有料席の発売は6月1日から、セブンイレブンで購入することができます。

花火が見えるホテル

実は、どこのホテルも「部屋から花火は見えません」と書いてあります。

その理由は、毎年打ち上げ船の場所が微妙に変わるからでしょう。花火は海上の船から打ち上げられるため、その日の風向きや天候によって停泊場所は変わってしまいます。

そのため、ホテル側としても部屋から花火を必ず見られるとは保証はできないのです。

ですが、ほとんどの確率で毎年みられるというホテルも存在しますので、その中でも門司側の2件をご紹介いたします。

ただし、繰り返しますが今年も必ず見られるとは限りませんのでご承知おきくださいね。

門司港ホテル

門司側と下関側の両方の花火がみられると毎年大人気のホテルです。

大人気ゆえ、花火当日の宿泊は抽選になっています。残念ながら今年の申し込みは6月1日までで終了いたしました。

詳しくはホームページをご確認ください。
http://www.mojiko-hotel.com/

ホテルルートイン門司

ホテルの北側では門司側の花火が、西側からは下関側の花火がみられます。

門司側の花火会場までは歩いて8分ぐらいなので、花火を会場で見てから、混雑を気にせずゆっくり寝ることもできますよね。
http://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_505#header

まとめ

いかがでしたか。スケールの大きさにびっくりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

花火大会は映像で見るより、やはり生で見たいもの。花火の音や色、火花の迫力は、やはり生で感じるのが一番ですよね。

しっかりプランを立てて、ぜひ、有意義な一日にしてくださいね。

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■イベント, 花火大会