暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

鎌倉花火大会2016日程や有料席と花火が見える穴場スポットは

      2016/07/14

kamakura鎌倉花火大会2016は7月に開催日程をひかえ、毎年15万人ほどの人が訪れる人気の花火大会です。

 

鎌倉花火大会といえば、船上から海へ次々と投げ込まれる水中花火が一番の名物です。

海上で勢いよく扇状に開く花火は、他ではなかなか見ることができない美しさでしょう。

今回は、鎌倉花火大会2016の日程や有料席チケット、花火が見える穴場スポットをご紹介します。
出典http://live3.info/events/9680

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2016のみどころと開催日程

出典youtube
鎌倉花火大会は、打ち上げ花火数が約2,500発と決して多くはありませんが、毎年、大勢の人が集まる人気の花火大会です。

どんなところが人気の秘密なのでしょう。

鎌倉花火大会で一番の魅力としてあげられるのが、水中花火ではないでしょうか。

高速船から次々と水中花火が投げ込まれ、目の前で半円の扇状に広がる様子は他ではなかなか見ることができない光景です。

その他、打ち上げと同時にメッセージを読み上げてくれるサポーター花火や、次々と打ちあがるスターマインなど全国著名花火業者による花火も見どころです。

また、打ち上げ場所となる海上の向かいは由比ヶ浜海岸です。

普段から人気の海水浴場として大変賑わう場所でもあります。

花火大会当日も昼間は海水浴をし、そのまま夜は花火鑑賞という人も珍しくありません。

毎年、海水浴や花火帰りの人で、最寄りの鎌倉駅や由比ヶ浜駅も大変混雑し、道路も大渋滞となる鎌倉の夏の一大イベントです。

2016年開催日程

名称

第68回 鎌倉花火大会2016

開催日程

2016年7月20日(水) 19:20~20:10
雨天/荒天/高波の場合は7月21日(木)へ日程順延
両日とも実施できない場合は中止

会場

由比ヶ浜海岸・材木座海岸

花火打ち上げ数

約2,500発

花火の種類

水中花火/スターマイン/サポーター花火/尺玉など

鎌倉花火大会2016有料席チケット情報

毎年、有料席として500席が用意されています。

全席指定となっておりますので、混雑を避けゆったりとした席で鑑賞したいという方にはおすすめです。

毎年、完売となり次第終了となります。

有料席チケット情報

 申込開始日

2016年6月5日(金)より

チケット料金

5,500円(税込)

有料席数

500席

申し込み方法

電話もしくはネット
詳細はこちらhttp://www.kamakura-info.jp/

スポンサーリンク

花火が見える穴場スポット

花火

出典 http://shop.plaza.rakuten.co.jp/cliffedge/diary/detail/201307230000

材木座海水浴場

由比ヶ浜と並んで公式会場となっていますが、海水浴客も普段から比較的少ないこともあり、由比ヶ浜よりも空いていて穴場スポットです。

見どころでもある水中花火も良く見えますので、おすすめの穴場スポットです。

鎌倉海浜公園

鎌倉海浜公園は由比ヶ浜、稲村ケ崎の海岸線に面した大きな公園です。

公園は由比ヶ浜地区、稲村ケ崎地区、坂之下地区にわかれていますが、 その中でも、大きな芝生公園なっている由比ヶ浜地区は、打ち上げ会場にも近く、花火鑑賞の穴場スポットです。

江ノ島電鉄線の和田塚駅から徒歩5分とアクセスも大変よく便利です。

披露山公園

披露山の頂上にあり、逗子市の全景、江の島、相模湾の海岸線、富士山などを一望できる景勝地です。

会場からは少し離れていますが、混雑を避け花火を見下ろすように鑑賞することができる穴場スポットです。

まとめ

毎年、大変な混雑が予想される鎌倉花火大会ですが、珍しい水中花火を間近で鑑賞できる珍しい花火大会ですので、一度、行ってみる価値のある花火大会でしょう。

鎌倉駅周辺から開催会場となる由比ヶ浜までは、1年を通して鎌倉を代表する観光地です。

鎌倉の観光を兼ねて、街を散策しながら夜は花火鑑賞というのもいいのではないでしょうか?

ぜひ、上記の穴場スポットなどをご参考に、今年は鎌倉花火大会2016を楽しんでみてはいかがでしょうか?

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■イベント, 花火大会