暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

札幌一人暮らし 部屋選びのポイント①

      2015/01/31

これから就職や転勤で、札幌で一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか?

いざ引っ越してから「不便だ…」と後悔をしないように、個人の観点で注意点を紹介していきます

都心部は便利な反面デメリットも多い

中央区の大通やススキノの近くに住むと、買い物や食事に出かけるのはとても便利です。

また都会の暮らしの憧れから都心部に住んでみたいと思うかもしれません。

ここでの注意点は下記二点になります。

①駐車場代が高い。

②移動手段はバス・市電が中心となる。

 

まず①についてです。これは車所有者のみ関係するお話ですね。

札幌の駐車場代の相場は地域によりますがおよそ7000円~9000円と一万円以内が目安ですが、都心部は12000円~が相場です。

ロードヒーティングや排雪の入る駐車場になると、安くても15000円~が相場になります。

また、近年は駐車場だった土地を買い取り、マンションやアパートを建てる事が多いようで、駐車場の数自体も少なくなっています。その為駐車場代も安くならないようです。

せっかく家賃の安い家を見つけても駐車場代が高くては意味がないですよね。ご注意下さい。

 

次に②についてです。

札幌には地下鉄があるので車がなくても便利に移動することができます。

ですが、都心部になると地下鉄の駅まで遠い所が多いので主な移動手段が市電、バスになります。

夏場のバスは時刻通りに運行するので支障ないのですが、問題は冬場です。

雪の影響で渋滞し、大幅に遅れることがとても多いので通勤で利用する場合は2本位早めのバスに乗る必要があります。

その点、市電は専用の線路上を走るため渋滞することはないのですが、季節を問わず通勤・退勤の時間は非常に混み合います。

通勤・退勤時間は2~3分に一本走っていますが、乗れずに見送ることも多いです。

また、市電乗り場は外になるので冬場は大変寒いです。

地下鉄は、天候に影響されることなく室内で待てるので便利ですよね。

いかがでしょうか?ぜひ参考にして下さい♪

 

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■暮らし