スイカ糖の効能や作り方とダイエットや腎臓病に効果的な理由とは

suica-sugar

おばあちゃんの知恵の詰まったスイカ糖の効能と作り方のレシピをご紹介します。

今注目のスイカ糖ダイエットの方法や、腎臓病に効果的な納得の理由などを調べました。

すぐにでも作りたい、魅力のスイカ糖の情報を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

スイカ糖の効能

スイカ糖

スイカはその実だけでなく、皮や種にも栄養がギュっと詰まっている、まさに夏の暑さから体を守る優秀な食品の代表です。

スイカを皮や種ごとじっくりと煮詰めて作るスイカ糖は、そのエキスを濃縮した魔法のクスリとして今注目を浴びています。

日本では古くから血尿剤や解毒剤として愛されてきたスイカ糖ですが、他にも様々な効能があることがわかっています。

血栓予防・血流の改善

スイカに含まれるシトルリンという成分が血管を広げる、血の流れを良くします。

むくみ・高血圧

豊富なカリウムで利尿作用が働くことから余分な塩分の排出を促し、高血圧やむくみの症状を解消します。

咳・のどの痛み

風邪の引き始めや、炎症などで熱を持ったのどの痛みや咳の症状を抑えます。

腎臓病・膀胱炎・肝機能の改善

体内の老廃物の排出を促し腎臓への負担を軽くするとともに、衰えた肝機能を修復します。

整腸作用

疲れた胃腸や内臓を修復する優れた整腸作用から、便秘やむくみの改善に効果があります。

ダイエットや腎臓病におすすめの理由は?

空をかける男性

スイカ糖が腎臓病やダイエットに良い理由

スイカには多くのビタミンやアミノ酸・カリウムやリコピンなどの有効成分が含まれています。

スイカの成分が濃く凝縮されたスイカ糖の様々な成分が体の代謝をアップさせ、慢性疲労や炎症を抑え、燃えやすく血の流れが良い体を作ります。

また腎臓機能の修繕や肝脂肪を改善させ、蓄積された内脂肪やむくみの原因となる余分な水分・塩分を尿として排出させる性質から、ダイエットはもちろん腎臓病に特に効果を発揮します。

妊婦さんにもおすすめ

市販の薬が飲めない妊婦さんにも、自然由来のスイカ糖はおすすめです。

妊娠時特有の便秘やむくみなどにも効き、妊娠中毒症の症状も軽減するも言われているそうです。

羊水が綺麗になるともいわれ、昔から重宝されています。

スイカ糖ダイエット

スイカの持つデトックス効果を利用し、じっくりと体質改善を行うダイエット法です。

上記でご紹介した効能以外にも、老化予防や美肌にも効果を発揮したり血管のサビを取るなど体の根本に働きかけ、中から美しくダイエットすることができます。

即効性はありませんが、スイカ糖を1日3回スプーン1杯ずつなめるだけと非常に簡単ですので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

スイカ糖の作り方

すいか

作り方

  1. スイカを種や皮ごと適当な大きさにカットし、ミキサーなどでジュース状にします。
  2. 布巾などでこしたスイカ果汁を、鍋でまめにアクを取りながら煮詰めていきます。
  3. 煮詰める程濃度が濃くなります。シロップ状や蜂蜜状などお好みの濃さになるまで根気良く煮詰めます。
  4. よく冷ましたら清潔な密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

濃度や保存状態にもよりますが、水あめ状のもので約1年保存がききます。

スイカ糖のバリエーション

スイカ糖は砂糖よりカロリーや炭水化物が少ないので、いつもの甘味料として使うと大変健康的でおすすめです。

ジャム状にしたものやシロップ状にしたものなど、何種類か作って保存しておくとバリエーションが増え便利ですね。

スイカ糖シロップ

シロップ状のスイカ糖をソーダで割ったり、コーヒー・紅茶のお砂糖代わり入れるとフルーティーで美味しいですよ。

スイカ糖ジャム

ジャム状のスイカ糖はそのままヨーグルトに混ぜたりトーストやカナッペなどにのせる一般的なものから、豚肉料理などにも好相性です。

意外とクセが少なく何にでも合いますので、色んなレシピを試してみてくださいね。

まとめ

おばあちゃんの世代にはどの家庭にもあったスイカ糖ですが、最近では見ることも少なくなりました。

添加物が入っていない手作りのスイカ糖を、あなたのご家庭にもぜひひとつ常備してみてはいかがでしょう。

昔から受け継がれる安心・安全な常備薬を次の世代にも伝えて行きたいものですね。

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする