江東花火大会2017日程と屋台や花火が見える穴場スポットは?

koto

江東花火大会2017は毎年8月の日程で開催され、最大4号玉の花火がみれる花火大会です。

河川敷にならぶ屋台でおいしい食事を楽しみながら、花火がみれることで人気です。

交通規制が入りますので、車の通行や駐車場利用には時間帯にご注意ください。

今回は、江東花火大会2017日程と屋台・花火が見える穴場スポットについてまとめました!

スポンサーリンク

江東花火大会2017日程

江東区花火

江東花火大会2017は、打ち上げ数が約4,000発とそれほど多くありませんが、昨年の人出は何と約35万人!

どちらかというとこじんまりとした花火大会にもかかわらず、なぜこんなに人出が多いのでしょうか?

その理由は打ち上げ方にあります。

会場の荒川・砂町水辺公園と打ち上げ場所はたった150mしか離れていないので、他の花火大会よりも花火の臨場感をたっぷり味わうことができるのです。

また、荒川上に花火が上がるため、少し離れていても、また砂町水辺公園の荒川を挟んで対岸からも花火が良く見えるのもその魅力でしょう。

江東花火大会2017日程

日程

2017年8月1日(火)
19:40~20:30

打ち上げ場所

・荒川・砂町水辺公園
江東区東砂8丁目22番地先

江東花火大会2017屋台・交通規制情報

赤信号

江東花火大会2017会場の最寄り駅は東京メトロ東西線の南砂町駅です。

2番Aまたは3番出口から徒歩15分ほどのところにあり、残念ながら最寄駅は南砂町駅1つだけです。

都営バスなどでJR亀戸駅あるいは都営新宿線の西大島駅、大島駅から「葛西橋」または「東砂六丁目」停留所から歩くこともできます。

江東花火大会2017交通規制情報

車両通行止め

・土手通り
15:00~21:30
・会場周辺
17:30~21:30

葛西橋通り・清砂大橋通りは通行可能です。

江東花火大会2017屋台

江東花火大会会場には屋台・売店はありませんが、例年、駅から公園までの道沿いに毎年多くの屋台が出ます。

スポンサーリンク

花火が見える穴場スポット

花火を見るカップル

どこの花火大会でも、良く見えるスポットは早めにシートが敷かれ場所取りは大変です。

しかし江東花火大会2017は平日開催ということもあり、少し離れたところであれば夕方行っても余裕があります。

おススメの穴場スポットは、対岸の西葛西サイクリングロード!

打ち上げ場所からは少し離れてしまうかもしれませんが、それでも300mほどでしょう。

同じ花火と迫力ある音が楽しめますよ。

こちらの西葛西サイクリングロードへは、東京メトロ東西線の西葛西駅が最寄りになります。

屋台などは出ませんので、近くのコンビニなどで調達してから会場に向かってくださいね。

まとめ

平日開催のこの花火大会の最大の泣きどころは、この「最寄駅が1つ」というところではないでしょうか。

花火大会終了後は、通常の東西線の帰宅ラッシュと重なる時間帯でもあります。

そのため、比較的ゆったりと楽しんだ花火大会の割には、帰りが非常に混雑してしまうのです。

この辺りは仕方ない、と覚悟して、時間に余裕をもって出かけるようにしましょうね。

アドセンス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする