暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

日焼け止めの紫外線吸収剤・散乱剤やUVカット化粧品は肌に危険?

      2015/03/11

sunscreen-ultraviolet
日焼け止めの成分として、よく目にする紫外線吸収剤・紫外線散乱剤ですが、どういう成分なのでしょうか。

UVカット化粧品にも多く含まれていますが、肌に悪い影響のある成分なの?

今回は、そのメリット・デメリットについてまとめました。

日焼け止めには必ず入っている成分です。お肌への影響も気になりますよね。ぜひ参考にして下さい。
出典:http://www.karacure.com/pub/4499f0ba147a7220c5dc01ac6ca622a1

スポンサーリンク

紫外線吸収剤はどんなものなの?

紫外線吸収剤とは

お肌を紫外線から守ってくれる化粧品が日焼け止め。

その中でも、紫外線ブロックをしてくれるのは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という原料です。

紫外線吸収剤の主な働きは、紫外線のエネルギーを自らの中に取りこんで熱や赤外線に変換して処理することです。

自らが紫外線エネルギーを吸収することで、紫外線がお肌に吸収されてしまうのを防いでくれています。

紫外線吸収剤のメリット

塗り心地がよい

紫外線吸収剤は、無色透明で白くなりにくく、さらっとしています。

付け心地が軽いため、ジェルタイプ・化粧水タイプの日焼け止めに配合されていることが多いです。

高い紫外線処理能力

化学変化で紫外線を処理するので、SPF50など高いSPF値を出すことができます。

高いSPF値と使い心地の良さをかね備えた商品作りに役立ちます。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤のデメリット

日焼け止め

出典:http://www.suono.jp/blog/apieds/2011/08/post-105.html

日焼け止めとしての持続力

紫外線吸収剤は、紫外線を浴びている間は、化学変化を起こし続けます。

そのため、壊れてしまう分子が出てきてしまうのです。壊れた分子は紫外線吸収剤として働くことができません。

「定期的に塗りなおさなければいけない」と言われるのは、こういう理由があるからなのですね。

化学変化のお肌への影響

紫外線を熱エネルギーに変換して肌への浸透を防ぐのが紫外線吸収剤ですが、この化学変化のお肌への負担が大きいと言われています。

炎症を起こしていても、気づかずに使用している場合も多いのです。

紫外線吸収剤の相乗効果

化学変化の影響もあるため、紫外線吸収剤は1種類の添加できる量が決められています。

しかし、1種類ごとに決められていても3、4種類を加えていくことに制限がありません。

長時間の使用、連続使用や毎日使用は、お肌の持つ基礎体力を損なってしまうので、将来シミになってしまう可能性も十分にあります。

紫外線散乱剤はどんなものなの?

紫外線散乱剤は名前のとおり、紫外線を反射し、散乱させてお肌に吸収されてしまうのを防ぐ成分です。

ミネラルファンデーションにも含まれる酸化チタンや、酸化亜鉛・酸化鉄などの無機粉体の成分が使用されています。

ファンデーション・フェイスパウダーが紫外線防止になると言われるのもこのためですね。

紫外線散乱剤のメリット

持続力の長さ

紫外線吸収剤とは違い、化学変化で紫外線を処理しないので、散乱剤に負担がかかりません。

そのため、分子が壊れにくく長持ちです。

お肌への負担が少ない

紫外線による化学変化がないため、お肌への刺激にもなりにくい特徴があります。

紫外線散乱剤のデメリット

重たい質感

最近は伸びのいいものも増えていますが、塗った時の重たい質感が特徴です。

白浮き

二酸化チタンや酸化亜鉛は白色顔料でもあるので、白浮きしてしまったりするのですが、なめらかさにも欠けるので、SPF50+など高い数値の日焼け止めは紫外線吸収剤と組み合わせたものがほとんどです。

肌への刺激や老化の原因・負担になるものなのか

肌への影響

出典http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n269014

現在、紫外線はお肌に悪影響が多いことが分かっています。お肌への1番の刺激や、老化の原因は紫外線と言えるでしょう。

なぜなら、日焼けやシミ、ソバカス、さらに老化を促進させ、免疫力を低下させる要因だからです。

肌トラブル原因の約8~9割は紫外線の「光老化」と考え、アンチエイジングを呼びかける皮膚科の先生もいらっしゃいます。

紫外線吸収剤のメリット・デメリットでもご紹介しましたが、日焼け止めも、少なからずお肌へ刺激をあたえてしまうものです。

お肌に負担があるとは言っても、日焼け止めを塗らず、紫外線を直接あびてしまうのが1番の負担になります。

長時間のレジャーやスポーツをする際は、吸収剤の入った高SPFの日焼け止め、普段は散乱剤の入った低刺激のもの、と使い分けるのがおすすめです。

ノンケミカルの日焼け止めはどうなの? 効果があるのか・肌への負担はどうなのか

サングラス

出典http://www.ycjfqmt.com/sunscreen.html

ノンケミカルの日焼け止めとは

ノンケミカルの日焼け止めで一般的なのは、酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄を使用した日焼け止めです。

つまりは、上記で紹介した紫外線散乱剤を使用した日焼け止めなのです。

日焼け止め効果があるのか

日焼け止めの効果としては、紫外線散乱剤よりも紫外線吸収剤の方がUV効果が高くなります。

SPF40以上の防御が強い日焼け止めには主に紫外線吸収剤が使用されていると考えてもいいでしょう。

ノンケミカルの日焼け止めは吸収剤を使用していないため、高いSPFはありません。

ですが、日常の生活での日焼け防止、UVケア対策としては十分に効果があると言えます。

肌への負担

お肌への負担の少ない散乱剤を主に使用しています。

そのうえ、ケミカル日焼け止めに配合されていることの多い「合成ポリマー」などを使用せず、水をはじく作用がある「オイル」を使用しています。

オイルは、普通の洗顔料や石鹸で簡単に落とせますし、皮膚呼吸も妨げません。

石鹸で落とせるので、子供にも安心して使えますね。

ケミカルの日焼け止めに比べると、お肌への負担は少なく、敏感肌の方でも安心して使えます。アレルギーのある方にもおすすめです。

最後に

毎日使う日焼け止め、身近な化粧品ですよね。

だからこそ、その成分やお肌への負担を理解し、あなたに合う日焼け止めを探してみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■美容, 日焼け対策