暮らしのまとめ

旬の話題やお役立ち情報を日々まとめていきます。暮らしの参考にしてください。

アシナガバチに刺されたら?症状や応急処置と病院の何科に行くか

   

Paper wasp

アシナガバチに刺されたらどのような症状が出るのでしょう。

刺されると大変恐い蜂として、スズメバチは有名ですね。

それではアシナガバチはどうでしょう。

6月から7月にかけて気温の上昇とともに、活動が活発になるアシナガバチですが、意外とその詳しい生態は知られていないかもしれません。

また、アシナガバチに刺されてしまった場合、とっさのことですので、どのような応急処置をし、病院は何科を受診すればよいかも迷いますね。

蜂に刺された場合、一番怖いのはアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは最悪の場合、死にも至る可能性がありますので、充分に注意をする必要があるでしょう。

今回は、アシナガバチに刺されてしまった場合の症状や応急処置の方法、また、病院は何科へ行けばよいのかご紹介したいと思います。
出典http://ceron.jp/search?q=繧「繧キ繝翫ぎ繝舌メ

スポンサーリンク

アシナガバチはどんなところにいる?

蜂の巣

出典 http://www.熊本シロアリ駆除.com/アシナガバチの種類と巣の様子について/

アシナガバチは他のハチに比べて、人間の生活圏内に巣をつくることで知られています。

雨をしのぐことができる家の軒下や壁、庭先でよく見かけ、適度に日の当たるようなところを好むようです。

また、街中でも巣をよく見かけ、街路樹や植え込みの中など、子供の手が届くような低い場所にも巣を作りますので、気を付けなくてはなりません。

アシナガバチは、自分の生まれた場所をよく覚えており、繰り返し同じ場所に巣を作ることでも知られています。

そのため巣を撤去する際に、生き残りのアシナガバチがいると、再び、同じ場所にまた巣を作られてしまうため注意が必要です。

アシナガバチはスズメバチに比べて攻撃性が低く、こちらから手を出さない限りは攻撃をしてきません。

しかし、生活圏内に作られたアシナガバチの巣の存在に気付かず、うっかり巣に近づいてしまい、刺されてしまうケースが多いようです。

アシナガバチに刺されたらどんな症状?

それでは、アシナガバチに刺されるとどのような症状が出るのでしょう。

毒性はスズメバチよりも多少弱いですが、刺されたときはスズメバチ以上に痛いです。

非常に強い痛みのあと、患部が大きくパンパンに腫れあがります。

2回目に刺されると危険なの?

スズメバチと同様に、アシナガバチもアナフィラキシーショックに、注意をしなくてはなりません。

一般的に、アナフィラキシーショックは、2回目以降に蜂に刺されると発症するといわれています。

スズメバチとアシナガバチは、蜂の中でも毒性が高く、2回目に刺された場合は、特に注意をしなくてはならない蜂です。

アナフィラキシーは蜂毒に含まれる原因物質によって引き起こされます。

刺されてから15分以内に症状が出るといわれており、主な症状としては冷や汗、呼吸困難、血圧低下、けいれん、じんましん、意識障害などがあります。

上記のような症状に当てはまる場合、アナフィラキシーの疑いがありますので、大至急救急車を呼び、何科でもよいので病院で処置を受ける必要があります。

2回目以降に刺された人の約10%の人に、アナフィラキシーショックの症状が出るといわれています。

スポンサーリンク

刺された場合の対処方法と応急処置

はち

出典http://blog.goo.ne.jp/tututu2006/e/f2f8b1422eed42064244c1339eb10518

それではアシナガバチに刺されたら、どのような応急処置をすればよいのでしょう。

下記に応急処置の方法をまとめました。

(1) 速やかにその場から離れる

他の蜂からの攻撃を避けるため、姿勢を低くして10~20メートルほどその場から離れます。

(2) 傷口を洗い、毒をしぼり出す

患部を冷やし蜂毒を薄めるため、流水で傷口を洗い流します

(3) 傷口に虫刺され薬を塗る

症状をできるだけ緩和するため、虫刺され薬を塗ります。
(炎症やかゆみを抑える、抗ヒスタミン成分を含むステロイド系軟膏が良いです)

(4) 傷口を冷やして安静にする

ぬれタオルで患部を冷し安静にします。
患部を冷やすことで血管が収縮し、毒のまわりを遅くすることができます。

病院へ行くなら何科?

アシナガバチに刺された場合、一般的に皮膚科の受診で大丈夫でしょう。

しかし、刺されてから30分以内に症状の急変がある場合は、一刻も早い病院での処置が必要となります。

その場合は何科かにこだわらず、すみやかに医療機関を受診しましょう。

まとめ

蜂毒が強いアシナガバチは、スズメバチに次いで刺されると怖い蜂といえるでしょう。

まずは刺されないよう、アシナガバチがいる環境に極力近づかないことが大事です。

また、万が一刺されてしまった場合に備え、普段から適切な知識を身に付け、的確な応急処置が取れるよう準備しておくことが大事です。

特に、過去に蜂に刺されたことがあり2回目となる場合は、万全の対策をし必ず病院を受診するようにしましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

 - ■健康・病気, 虫刺され